FLOW 施工の流れ

技術と対話が織りなす、
私たちだけの建築を。

当社のモットーは、お客様との対話を重視すること。直接お話を伺うために、はじめの無料相談の際は当社へお越しくださいませ。お話にじっくりと耳を傾け、時間をかけて丁寧にヒアリングいたします。お問い合わせからお引渡しまで、施工の流れはこちらをご覧ください。

  • Flow.01 お問い合わせ・無料相談

    施工をお考え中の方は、まずはお気軽にご連絡ください。お電話(03-5939-9154)もしくはお問い合わせフォームよりお待ちしております。ご相談内容やご要望を簡単に伺ったうえで、無料相談の日程を調整させていただきます。施工内容についてはもちろんのこと、その他にも気になることがございましたら、どうぞ気兼ねなくご相談ください。

    Flow.01
  • Flow.02 基本プランの作成

    現地調査を行い、お客様の敷地に建築上の支障がないかを確かめます。さまざまなチェックを行ったうえで、ヒアリングで伺ったご要望・敷地条件・予算などをもとに施工のベースを練り、基本プランを作成いたします。

    Flow.02
  • Flow.03 ご契約

    ●設計・監理契約
    基本プランにご納得いただき、正式にご依頼くださった段階で、まずは「設計監理契約」を結びます。何度も打ち合わせを重ね、理想のプランに近づけていきましょう。基本設計をもとに構造的なチェックを始め、部材などを一つひとつ検討いたします。

    ●工事請負契約
    建築工事費のお見積もりをご提示したうえで「工事請負契約」を結びます。お客様にご納得いただけないままお手続きを進めるようなことは一切いたしません。お見積もり内容について一つでもご不明点がございましたら、遠慮なくお申し付けください。

    Flow.03
  • Flow.04 地盤調査~地縄張り・遣り方

    ポピュラーで信頼のおける「スウェーデン式サウンディング調査」によって、地盤の強固さを測定します。地盤が軟弱と判明した場合には地盤補強工事を行い、安全性をしっかりと担保します。

    地盤に問題がなくなったら、いよいよ建物の配置決め。敷地に縄で建物の配置を示していく、地縄張り(じなわばり)と呼ばれる作業を行います。その後、地縄の周囲を杭と板で正確に囲う「遣り方」という工程を経て、建物の正確な位置を決めていきます。

    Flow.04
  • Flow.05 地鎮祭~基礎工事

    土地の神様に安全を祈願する「地鎮祭」を執り行ったのち、地盤改良や基礎の工事を進めます。基礎鉄筋組みの基準をクリアするため、捨てコンクリートを打設して水平な土地を作成。鉄筋工事や型枠工事がきれいに仕上がるよう、丁寧に作業を行っていきます。

    型枠を設置したのち、底盤部分にコンクリートを打設。しっかり固めたあと型枠を取り外します。その後、鉄筋が正しく組まれているかどうかを第三者機関が確認する「配筋検査」が行われます。

    Flow.05
  • Flow.06 躯体工事~上棟式

    建物主要構造の骨組み工事を行います。建物の耐震性能を決定づける、重要な工程です。柱を立てて梁や桁を渡し、屋根の最も高いところに取り付ける水平材の棟木を上げると、晴れて「棟上げ」となります。建築に携わる職人や当社スタッフなどを集め、お客様とともに棟上げをお祝いする上棟式を実施します。

    Flow.06
  • Flow.07 木工事~外構工事

    躯体工事で設置した主要の骨組みに、筋交いや間柱、小屋組、床組などを組み付けていきます。壁や天井の下地を作り、階段などの造作工事を行ったうえで、サッシやドアを取り付けます。

    その後、給排水の配管や電気の配線、防水、塗装、タイル、内装、建具、防蟻、設備機器の設置などの仕上げ工事、および門などの外構工事を行います。

    Flow.07
  • Flow.08 竣工・お引渡し

    工事が完了して竣工を迎え次第、お客様・設計者・施工者のあいだで、設計通りに工事が行われたかどうかチェックします。検査の結果手直しの必要が生じましたら、引渡しまでにきちんと実施いたします。

    お引渡し後も、適切なメンテナンスについてアドバイスいたします。増築・改築などのご相談も承りますので、どうぞ末永くご愛顧ください。

    Flow.08

CONTACT
お問い合わせ

住まいの新築やリフォームをはじめ、オアシス巧房へのご相談はこちらから。
メールもしくはお電話にて、お気軽にお問い合わせください。