INFORMATION 関連情報

脱炭素社会 Carbon neutrality

建築物等における木材利用の促進

脱炭素社会とは地球温暖化の原因と考えられる暗室効果ガスのうちで、大きな割合を占めるとされる二酸化炭素の排出量を実質ゼロを目指す社会のこと。
その一環として二酸化炭素を吸収して成長する樹木(木材)の活用と計画的な森林管理が注目されています。
日本の国土を占める森林のうち約4割は人が植樹して育てた人工林です。高齢化した樹木は二酸化炭素の吸収量が減るので人工林を切って木材として有効活用しつつ、新たに植樹して森を若返らせるというサイクルが必要となってきます。
戦後に植樹された人工林の樹木が利用期を迎えており有効的な木材の利用が行政などを通じて推奨されています。
こうした流れもあって平成22年に制定された「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」が令和3年の改正され、対象が公共建築物から建築物一般に拡大しました。
木材を使用することは人工林を持続させていくためのサイクルの一部となります。国産の木材を多く使用する「健康住宅」は脱炭素社会(環境に配慮した優しい社会)を実現するための一端を担っているといえるのではないでしょうか。

林野庁:木材の利用の促進について
https://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/kidukai/mokuzairiyousokusin.html

脱炭素社会

CONTACT
お問い合わせ

住まいの新築やリフォームをはじめ、オアシス巧房へのご相談はこちらから。
メールもしくはお電話にて、お気軽にお問い合わせください。